茨城県水戸市 保和苑の骨董・蚤の市「格の市」(かくのいち)

茨城県水戸市 保和苑の骨董・蚤の市「格の市(かくのいち)」 茨城県水戸市 保和苑の骨董・蚤の市「格の市(かくのいち)」

谷中二十三夜尊桂岸寺の『格の市』は徳川光圀公が愛した保和苑で開催される、骨董・蚤の市です。水戸黄門でおなじみの格さんのモデル安積澹泊(覚兵衛)のお墓がこの周辺にあり、名付けられました。かつての三夜さんの賑わいを取り戻そうと始まります『格の市』、多くのみなさまの出店と沢山のお客様のご来場をお待ちしております。

格の市実行委員会

格の市 エリア紹介

江戸時代初期からつづくこの場所で、物に囲まれ、出逢いを果たす。
古いものと新しい価値観が見つめ合い惹かれ合う空間。

骨董・蚤の市エリア

骨董・陶磁器・着物・雑貨・古着・おもちゃ・アンティーク家具・古民具・時計・アンティークジュエリーからヴィンテージものまで、若い方も楽しめる幅広いラインナップです。移動販売屋台の他、地元飲食店の地元食材にこだわった模擬店も多数出店。

保和苑エリア

今回から保和苑エリアも骨董エリアとして出店ブース拡大で出店者を大募集しております。

出店者リスト

現在調整中

KIMONO小町・KIMONO寺子屋

KIMONO小町

水戸市では『日本酒で乾杯!』水戸市乾杯条例の施行をはじめ、偕楽園・弘道館など歴史遺産の整備と和文化を通した街づくりを実施。東京オリンピックに向けて国際交流インバウンドにうごきだしております。

格の市では着物イベント企画を推進して、アンティーク着物やリサイクル着物を推奨。お求めやすくなった着物をどんどん普及させて、街の景色として日常に取り入れてみませんか?この街に着物姿で来ていただき、素敵な体験をしてもらえればと考えています。

歴史のあるロマンチックロード谷中だからこそ着物姿が絵になるのだとイマジネーションがかき立てられます。歴史の街水戸には、この他にも弘道館を中心に三の丸歴史ロードや下市の備前堀など、景観のよい場所があります。みなさんで是非風景の一部になって着物で遊びましょう。

KIMONO寺子屋

若者や中年男性など幅広い層に静かに着物が話題になっています。

レンタル着物を使った着物普及活動も応援していきます。

歴史・ロマンチックゾーン

二代藩主水戸光圀公(1628年)が愛し、命名した日本庭園『保和苑』と桂岸寺。幕末の日本を動かした尊王攘夷の水戸藩士達のお墓を有する回天神社と常磐共有墓地。会場周辺のこの一帯は、水戸のロマンチックゾーンと呼ばれています。初夏(6月中旬~7月上旬)になると約60種6000株にも上るあじさいが苑内に咲き揃い、多くの観光客があじさいを楽しみに訪れます。


桂岸寺

仁王門

保和苑のあじさい

志士の墓

回天神社入口

回天神社

愛宕山

八幡宮

八幡宮拝殿

市民観光ボランティアよるロマンチックゾーンの散策

市民観光ボランティアよるロマンチックゾーンの散策

開催概要

開催日
偶数月の第二土曜日の開催を予定しています
時間
AM7:30〜PM3:00(冬時間) 出店者入場時間:AM6:00~AM7:00まで
会場
谷中二十三夜尊桂岸寺及び保和苑(通称三夜さん) 水戸市松本町13-19
主催
格の市実行委員会
連絡先・事務局
(株)日宣メディックス 029-248-2344(担当 フセ)
協働
末広町商店会連合会青年部、水戸市
後援
水戸観光コンベンション協会
交通
水戸駅北口から茨城大学方面行きバス「保和苑入口」下車
出展数
64店(第一回格の市 主催者発表)
入場料
無料

アクセス

Google Mapで見る


来客用駐車場案内
JPEG(406KB)

谷中二十三夜尊桂岸寺及び保和苑(通称三夜さん) 水戸市松本町13-19

※旧 茨城県水戸生涯学習センター跡地の他、数カ所にお客様用駐車場をご用意しています。
詳しくは「来客用駐車場案内図(JPEG)」をご覧下さい。

交通案内

茨城交通バス:JR水戸駅北口から茨城交通バスで栄町経由茨城大学行き(約10分間隔)で「保和苑入口(末広町三丁目)」下車 徒歩3分(水戸駅から約15分)
常磐高速:水戸インターから車で15分
高速バス:東京駅⇔水戸高速バス(水戸市内大工町下車)

出店をご希望の方へ

12月9日(土)開催の「格の市」に出店を希望される方は、下記規約・出店注意事項、マニュアル等をご確認のうえ「出店申込書」をFAXまたはメールでお送りください。
また、2月10日(土)開催の先行申込も受付しております。

お申込締切:2017年11月10日(金)

TEL 029-248-2344 / FAX 029-248-2342 / fuse@nissenmedix.co.jp